11月28日のこの差って何ですかでは、お通じが良い人と悪い人の差を調査!

お通じが悪いと肌荒れやむくみの原因に。

最悪の場合、大腸が破裂することも!?

腸が活発に動かなくなるのは、加齢やストレスで腸が正常には足らなくなることが原因のようです。

スポンサーリンク


お通じが悪い人と良い人の差

差は腸の動きにあります。

お通じが悪い人は「蠕動運動」

お通じが良い人は「大蠕動」

蠕動運動は、芋虫のようにゆっくりと動いている。そのため、お通じが悪くなってしまいます。

一方、
大蠕動は、蠕動運動に比べて200倍の速度差があります。

大蠕動は1日に数回しかないようです。

スポンサーリンク


便秘解消法

解決法は生活習慣にありました。

その方法とは、「食事と食事の間は8時間何もたべないこと」

日中に何も食べないのが難しい方は、夕食から朝食までの8時間、何も食べなければ大蠕動が起きます。

スポンサーリンク


大蠕動が起きる原理

食事をすると、胃で3時間かけて消化します。

そして次の小腸では、5時間くらいかけて消化。

胃と小腸が空になって初めて大蠕動が起きます。

胃から小腸にかけての消化時間である8時間が過ぎないといけないわけですね。

大蠕動が起きるのに最適な生活習慣

専門家が考案する生活習慣は以下の通り。

“8時までに食べ終わり、11時までに就寝”

寝ている間に大蠕動が働き、お尻近くまで押し出されます。

ただし、消化する前に寝てしまうと消化がうまくいきませんのでご注意を。

そして起床後に、水を飲むことで刺激されて排便に繋がります。

スポンサーリンク